アンジュロAngelotについて

『ナチュラルな暮らし』をお伝えする整理収納アドバイザーの横倉容子です。

おうちの片付けサービスや整理に関する資格講座やセミナーを実施しています。

アンジュロAngelot活動内容

主に、神奈川県、東京都を拠点に活動しています。

ご希望があれば全国対応しております。


■おうちの片付けサービス


モノが多くて困っている、片付けがなかなかできないなど

整理収納でお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

一緒に行いますのでどうぞご安心くださいませ。


最近のテーマとして

実家の片付けについても注目しています。

自分自身で直面していることでもありますが

ライフステージが変われば、生活スタイルも変わります。


それなのに、家の中のモノの場所は変えていないのが現状です。

あらゆる世代が自然体で暮らせるように、

『ナチュラルな暮らし』アンジュロスタイルを提案しています。


■整理収納アドバイザー2級認定講座


毎日の生活に欠かせないモノたち。

そのモノたちが、うまく使いこなせていない、

どのように収納したらよいのか

いつの間にかモノが増えてしまって手に負えない


そんなお悩みに対するヒントがたくさん詰まった講座です。

ちょっとしたことを意識するだけで生活が180度変化します。


私の整理収納アドバイザーとしての第一歩も

この講座からスタートしました。

ぜひ知ってもらいことが盛りだくさんの講座です。


そして、1日の講座を修了すると

整理収納アドバイサー2級の資格がもらえます。

整理収納の資格取得をこれから目指される方はまず、

2級講座からはじめてみてください。


☆毎月1回、川崎市麻生区、東京近郊で開催しています。

 オンラインでの講座もあります。


■カラーのパワー


自分に似合う色を知っていますか。

何気なく手に取った色に実は深層心理が働いています。

そんな色の不思議を、

カラーボトルやカードを使って体験してみてください。


☆ご希望に応じて開催しています。お気軽にお問い合わせください。

アンジュロAngelotの想い

CAとして、

また海外駐在生活、

子育て、働く女性としての経験を通して学んだことを、

整理収納アドバイザー、マナー講師として

皆様にお伝えしています。


屋号の『アンジュロAngelot』はフランス語で

”小さい天使”のことです。

どうにかしたいと思っている方の背中をそっと押してあげる、

一緒に寄り添う存在でありたいという願いを込めています。


モノがいつの間にか増えている

片付ける時間がない

無駄に買ってしまうことが多い

家事に追われている

うまく収納が出来ない

皆様の抱えている悩みはそれぞれ違います。


"片付けないから、片付かない"

自分のやる気の問題ではないのです。

精神論ではない、ロジカルな整理の話。

人が100人いれば100通りの片づけ方がある。

ただ、モノを捨ててもすぐにリバウンドしてしまいます。


大切なのは、

・ライフステージの変化に合わせた暮らし

・ムリのないナチュラルな暮らし

悩みがいろいろならば、暮らし方も違います。


それぞれのお客様に合うように試行錯誤を繰り返して

最適なプランをご提案することを心掛けています。


■資格

インテリアコーディネーター

整理収納アドバイザー1級

整理収納アドバイザー2級認定講師

オフィス環境診断士1級

ICDパーソナルカラー

色彩検定2級

TCカラーセラピスト

茶道 宗徧流 許状

アンジュロAngelot 横倉容子のプロフィール


■コンパクトに暮らす


ANA客室乗務員時代。

機内では限られた物品が決まった場所に

コンパクトに収められていて、それらを使ってサービスを行っています。

特に国内線では限られた時間のなかでサービスをするため、

常に効率的な動線を考えていました。


またステイ先に持ち込む荷物も必要最低限のモノをパッキング。

そのおかげか、今でも家族で出かける支度がいちばん早いです。


ある日、インテリアコーディネーターの通信講座を見つけ、

受講したのをきっかけにインテリア好きが復活。

平面図を見ながら動線を考えて、

照明や家具のインテリア計画をするのが、とにかく楽しかったです。


大学学部の選択でも建築系に進むか考えていたこともあり、

長男の出産を機にANAを退職後、資格にチャレンジすることに。

インテリアスクールに通い、

インテリアコーディネーターの資格を取得しました。


■シンプルに暮らす


しばらく子育てに専念し、

家族でシンガポール駐在生活を5年経験。

3人の子育てに追われながらも、南国暮らしを楽しみました。


日本に当たり前にあるものが手に入らないなかで、

暮らしを工夫したり

モノとの付き合い方を考え直すきっかけになりました。


ないのものは、ない。

じゃあ自分で作るしかない。

もしくは代用品で工夫する。


日本では、便利なレトルトの食品がたくさんありますが

それを原材料や味をみながらある調味料で作るしかない。

みたらし団子を作ったときは我ながらえらい、

と思ったものです。

それっぽいものを作る技を身につけました。

(役に立つのか??)


今でも極力基本の調味料だけにして、

洗剤類もあれこれ使わないように心がけています。


赤道直下のシンガポールでは、

暑さのせいでモノもダメになってしまうことも多かったので、

モノが本当に少なかった時です。


衣類も衣替えもなく、ほとんど半袖に短パン。

不要なものは自宅でガレージセールをしたり、

お互いに譲り合ったりしていたのでクローゼットはスカスカでした。


モノがないって片づける手間もなく、管理も本当に楽ちん。

最強片付けアイテムがダストシュート!

キッチンにダストシュートがあって、

その入り口から入るものであればなんでも捨てられました。


環境問題的にはどうなんだろう、と疑問が残りますが

捨てる側としてはゴミ捨てに行かなくていいし、

分別もいらない、なんて素敵な入り口と思っていました(笑)


ただ、入り口のドアを開けるときは、

最初にドアだけを素早く2回ほど叩きつけてから開けないと

もれなくゴキちゃんが飛び出て来ます。


■自然体に暮らす


長男7才、長女3才、次男1才の時に日本に帰国。

子供が3人もいると予定が狂うことはあたりまえ、

周囲の方の好意に甘えて一人で頑張りすぎない、

自然体にシフト。


電子レンジ、オーブン、ホットプレートを活用して

大量の食事作りをしました。

火を使わないと、つきっきりにならなくてよいので

合間に他の家事が出来ます。


最初の子育てはこうしないと、と意気込みすぎていましたが

おかげで末っ子は誰でも手を出しくれる人に抱っこされて、

人見知りもなく気が付くと床でそのまま寝ていたり…。

なんとかなるものだと思います。


そして、自分も疲れたと思ったらその場で寝る。

恥ずかしながら、フローリングにそのまま猫も人間も

時々転がっているのが我が家のリビングです。


自宅で学習教室を始めましたが、長男が中学生になった頃から

インテリアショップでパートをスタート。

人にも恵まれ、好きな雑貨や家具に囲まれて働ける環境は

とても良い経験でした。


その頃、ANAの同期に声をかけられて、

同時にFINEST株式会社でマナー講師としても活動を始めました。

現在はFINESTのチーフ講師として

接客、接遇、ビジネスマナー等、個人や企業研修も行っています。


■暮らしを見直す


インテリアコーディネーターなんだよね、

家を片づけて欲しいなぁ、

と度々友人から言われることがありました。


そもそもモノが多くなかった自分には、

どうして片付かないのかが謎でした。

片付かないって、モノがどれほどあるのだろうか

片付かないと思っているだけなのでは…?

インテリアと片付けは違うよなぁ、


単純な考えしか出てこなくて

どのようにしたらいいものか

正直言ってなんてアドバイスしたらよいのか、

難しいと感じていました。


そんな頃に、一日で取れるところに惹かれて

(資格を一つ増やそう…不純な動機)

整理収納アドバイザー2級認定講座を

軽い気持ちで受講しました。


なんと目からうろこが…

衝撃的な出会い

やる気の問題じゃない


なぜモノが増えるのか、なぜ減らないのか

どうすればモノが減らせるのか

整理ってそういうやり方だったのか


いろいろなことが、すとんと自分の中に入ってきました。

インテリアの前に、整理が必要だったんだと。


これがまさに整理収納アドバイザーを

もっと究めようと思った瞬間です。

モノが少ないと思っていた自分ですが、

収納スペースがあるとつい念のために取っておこう、

と子供のものを中心にじわじわとモノが増えていました。


単純に考えても子供3人。

制服、教科書、部活の道具などあれこれたくさん。

一見片付いているように思える自宅も、

自分も全くモノについて考えてなかったと

改めて見直すことが出来ました。


片付けは毎日のことです。

面倒なことは長続きしません。

便利な家電もうまく利用するのもありです。

今も、ムリのない暮らしを日々考えて進化している最中です。


出来ることなら、ネコと毎日ゴロゴロしていたい…

保護猫2匹も同居中。

いつも自然体の2匹に癒されています。

『ナチュラルに暮らす』ことってとても大事なことですね。